保有技術紹介 コンクリート補修 ・補強・水路更生

コンクリート構造物における劣化は今や大きな社会問題となりつつあり、放置すれば大規模な崩落事故にも繋がりかねません。当社では豊富な経験と実績でコンクリートの劣化の防止はもちろん、構造物のそのものの再生と強化を図る工事を通じて、社会インフラを支える基盤施設を守ります。

中性化

補修方針 施行方法 考慮すべき要因 工法名 商品名
中性化したコンクリートの除去 断面修復 中性化部除去の程度 ・左官工法
・湿式吹付工法
・乾式吹付工法
・無収縮グラウト工法
NEWリフレモルセット
リフレモルセットSP
リフレドライショット
リフレグラウト
補修後のCO2、水分の侵入抑制 鉄筋防錆 鉄筋の防錆処理 ・ポリマーセメント系
・塩分吸着系
・含浸材系各種工法
α防錆ペースト
α防錆ペーストHQ
リフレα
犠牲陽極 マクロセル腐食抑制 ・犠牲陽極工法 リフレセンチネル
表面被覆 表面処理材の材質 ・無機系表面被覆材 レックスコート1000
ページの先頭に戻る

塩 害

補修方針 施行方法 考慮すべき要因 工法名 商品名
侵入したCLの除去 断面修復 侵入した塩分除去の程度 ・左官工法
・湿式吹付工法
・乾式吹付工法
・無収縮グラウト工法
NEWリフレモルセット
リフレモルセットSP
リフレドライショット
リフレグラウト
侵入したCL、水分、酸素の侵入抑制 鉄筋防錆 鉄筋の防錆処理 ・ポリマーセメント系
・塩分吸着系
・含浸材系各種工法
α防錆ペースト
α防錆ペーストHQ
リフレα
犠牲陽極 マクロセル腐食抑制 ・犠牲陽極工法 リフレセンチネル
表面被覆 表面処理材の材質 ・無機系表面被覆材 レックスコート5100
電気化学的防食工法 電気防食 線状陽極 ・エルガード工法 チタンリボンメッシュ
面状陽極 チタンメッシュ
桁端部用線状陽極 ・GECS(ジーイークス)工法 チタンリボンメッシュRMV
ページの先頭に戻る

アルカリシリカ反応

補修方針 施行方法 考慮すべき要因 工法名 商品名
水分の供給抑制 ひび割れ注入 水分の遮断 ・無機系ポリマーセメントペースト注入工法 リフレフィルボンド
内部水分の散逸促進 表面被覆 撥水と防水の程度 ・無機系表面被覆工法 レックスコート2000N
膨張抑制 シラン系含浸材 撥水性と含浸深さ ・シラン系含浸工法 リフレパセットD70
リフレパセットA1000
ページの先頭に戻る

凍 害

補修方針 施行方法 考慮すべき要因 工法名 商品名
劣化したコンクリートの除去 断面修復 断面修復材の凍結融解抵抗性 ・ポリマーセメントモルタル系湿式吹付工法
・エマルジョン型ポリマー乾式吹付工法
・ポリマーセメント系モルタル系左官工法
リフレモルセットSP
(左官,湿式吹付)

リフレドライショット
リフレグラウトP
補修後の水分の侵入抑制 鉄筋防錆 鉄筋の防錆処理 ・ポリマーセメント系
・塩分吸着系
・含浸材系各種工法
α防錆ペースト
α防錆ペーストHQ
リフレα
表面被覆 ・無機系表面被覆材 レックスコート5100
ページの先頭に戻る

疲労・すり減り・化学的浸食

■疲 労
補修方針 施行方法 考慮すべき要因 工法名 商品名
せん断耐荷力の回復 増厚工法 既設コンクリート部材との一体性 ・湿式吹付工法
・乾式吹付工法
リフレモルセットSP
リフレドライショット
■すり減り
補修方針 施行方法 考慮すべき要因 工法名 商品名
減少した断面の復旧 断面修復 断面修復材の材質 ・左官工法
・湿式吹付工法
・乾式吹付工法
リフレモルセットSP
(左官,湿式吹付)

リフレドライショット
粗度係数の回復・改善 表面被覆 耐摩耗性、粗度係数 ・左官工法
・湿式吹付工法
・乾式吹付工法
・FRPM板
リフレモルセットSP
(左官、湿式吹付)

リフレモルセットD
(湿式吹付)

リフレドライショット
FRPM板
■化学的浸食
補修方針 施行方法 考慮すべき要因 工法名 商品名
劣化コンクリートの除去 断面修復 断面修復材の材質 ・左官工法
・湿式吹付工法
・乾式吹付工法
・無収縮グラウト工法
NEWリフレモルセット
リフレモルセットSP
リフレドライショット
リフレグラウト
有害化学物質の侵入抑制 表面被覆 表面処理材の材質 ・有機系表面被覆材 ・エポキシライニング