大断面修復用グラウト材 ポリマーセメントグラウト リフレグラウトP

無収縮ポリマーセメントグラウトで高流動性・低発熱性・低収縮性等はもとより塩化物侵透抵抗性・接着性の性能の向上を図ることが可能となったグラウトです。

特長

  • 簡便性:
    粉末ポリマーをプリミックスしており、現場で水と練り混ぜるだけで品質の安定した無収縮ポリマーセメントが得られる。
  • 高塩化物侵透抵抗性:
    一般に使用されるコンクリートの構造物に比べ格段に高い遮塩性を示します。
  • 耐ひび割れ性:
    一般に使用されている無収縮モルタルの比べて、乾燥による収縮量が小さい為大断面における使用に優れています。
リフレグラウトP配合例
配合
水材料比
(%)
単位量(kg)
練り上がり量
(L)
リフレグラウトP
示方
12.8〜14.4
2000(80袋)

256〜288

1000
25(1袋)
3.2〜3.6
約12.5
(注) 気温等により水量は変化しますので、必ず試し練りを行い、水量を決定して下さい。