静的締固め地盤改良工法 SDP工法

サンドコンパクションパイル工法(SCP工法)と同様に地盤を締固めることによって地盤を改良する工法ですが、SCP工法がケーシングの貫入や砂抗造成に動的なバイブロハンマの振動エネルギーを使用するのに対して、SDP工法は静的エネルギーを使用するため、低振動、低騒音で施工することができます。

適用箇所

  • 振動、騒音規制区域等
  • 既設構造物・埋設構造物周辺
  • 土砂調達可能区域

施工方法

  • ケーシングを所定の位置にセットし、材料を投入する。
  • 外ケーシングを正転で貫入する。
  • 外ケーシングを所定深度まで貫入する。
  • 外ケーシングを逆転で引抜きながら材料を排出する。
  • 内ケーシングを押し下げ締固め杭(拡径700mm)を造成する。
  • 必要に応じて補給材を投入する。
  • 措定深度まで拡径杭を造成する。
  • ドレーン杭(500mm)を造成して完了する。

低振動・低騒音

騒音感覚、騒音レベルの距離減衰
※注:騒音感覚と他工法の測定データは、以下の文献より引用した。
   地盤工学会編/軟弱地盤対策工法ー調査・設計から施工まで(p.29)

振動感覚、振動レベルの距離減衰
※注:振動感覚と他工法の測定データは、以下の文献より引用した。
   地盤工学会編/軟弱地盤対策工法ー調査・設計から施工まで(p.28)

施工概要図

港湾に係る民間技術評価証/第3回国土技術開発賞 入選