PJG-Twins工法 (PJG-LT工法・PJG-ST工法)

PJG工法の精度をさらに向上。大口径の造成体施工としてPJG-LT工法(Pendulous Jet Grout-Large Twins)、高速施工が可能な工法としてPJG-ST工法(Pendulous Jet Grout-Small Twins)を開発。多様な現場に対応できます。
 

主な用途・特長

  • 工期の短縮
    吐出圧力、吐出量を増加した噴射エネルギーにより地盤を二方向同時に切削するため、柱状の造成を短時間で施工できるので、工期を大幅に短縮できます。
  • 環境保全性が高い
    使用する硬化材はセメントが主体であるため、安価で無公害な材料です。また、改良条件に応じた施工径の造成ができるため、硬化材使用量の減少を図ることができ、結果として排泥量も減少し資源の無駄遣いを解消できます。
  • 経済的
    改良条件により改良径の調整が幅広く(φ 1400mm~φ 5000mm)できるの で、無駄のない経済的な施工が可能です。
  • 信頼性が高く容易な 施工管理
    超高圧ジェットエネルギーを利用して、確実に地盤を切削し、その切削土 砂を混合充填する形で造成する方法です。現場技術者の個人差による 影響はほとんど無く、施工管理が容易になります。
  • 目的に適合した強度
    改良強度は、目的に応じて硬化材の選定により適合した強度を得る事ができます。
  • 高い品質
    噴射硬化材に特殊混和材を添加することにより、ソイルセメントの品質が 向上し、よりよい改良体が形成できます。
  • 相互の密着性
    有効径以内に施工ピッチを設定すれば超高圧ジェットのブラスト効果によ り杭相互の密着性が非常によく、近接物の形状に沿った付着造成体ができます。
  • コンパクトな設備
    狭い場所でもコンパクトな機械で施工でき、空頭制限のある場所や、路下、狭隙な場所でも施工が可能です。

PJG-LT工法 プラント標準図

番号 機械名 規格・性能 台数
1 セメントサイロ 自動計量器付 30t移動型 1
2 集中プラントミキサー 自動攪拌 16m3/分 1
3 補助加圧ポンプ NSK-38 2
4 流量計 300ℓ/分 2
5 超高圧ポンプ 常用圧力40MPa 吐出量 200ℓ/min 2
6 発電機 300KVA 2
7 エアーコンプレッサー 15.0m3/分 190PS 1.05MPa 1
8 発電機 150KVA 1
9 水槽 20m3 1
10 泥水タンク 20m3 1
11 土砂タンク 5m3 1
12 サイクロン付マッドスクリーン 3KW 1m3/分 1
13 削孔ポンプ MG-25TV 1
14 発電機 125KVA 1
15 バキューム車 大型 -
16 セメントローリー車 大型 -
17 特殊混和剤置き場 - -