JETMS工法(空洞充填工法)

環境にやさしく水中分離性、流動性に特にすぐれた無機系可塑剤です。

JETMSの用途

  • 湧水、溜水、流動水のある箇所の裏込注水トンネルの補修工事、新設トンネル深礎杭等
  • 水と接する部分の空洞充填
    河川構造物、港湾構造物、既設構造物と地面の境界面、密閉された管内の充填,廃坑の充填
  • その他、限定注入が要求される注入充填等



水槽打設実験

幅0.5m×高さ0.5m×長さ2mの水漕にJETMS-Lを側部より水中吐出した。分離や希釈といった現象はほとんど見られなかった。









浸透性実験

直径0.15m,高さ1.5mの透明塩ビパイプに、あらかじめ下から0.5mの高さまで砕石、径70mmを堆積させておき、上からJE丁MS-Lを充填した。砕石より上の部分の充填性は良好である一方、砕石部分への浸透はほとんどなかった。







JETMS-Lによる長距離圧送実験概要

プラントにて作製したJE丁MS-LのA液とB液をそれぞれ2,000m圧送し,圧送性の確認と,圧送後の可塑性について確認しました。


   

恵那山トンネル内、背面空洞充填工